Daily Archives

One Article

あまりに基本的な慰謝料の4つのルール

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を請求する側になったとすれば、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、間違いのない、裏切りの数々を手に入れなければ駄目です。それには探偵の浮気調査が有用で、疑いようもなく誰にも認められる証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判で闘う上での武器には困らないように、準備して貰えるのです。

浮気の調査をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、2人程度で調査しています。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、調査員が1人で浮気をしているかの確認を大体の場合は行います。浮気をしていることがはっきりとしたら、再度、調査の方法や人数などを決定します。

たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめますね。携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われるのが当然だからです。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも多くなったとはいえ、やはり浮気相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。そのため、何気なく電話することは否定できないのです。

探偵には悪いところがなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気相手と会うのを控えたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。浮気調査を探偵に依頼しても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。成功報酬にするのかどうかについても、契約を交わす際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

法律の中で、夫婦関係にある人が婚姻関係にない人と自分から男女の関係にいたることを不倫といいます。すなわち、法律上では、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではありません。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

日々、相手の生活の様子を注意しながらみることは自分ひとりでも可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を掴む場合には、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が安全、安心です。それに、探偵にお願いすれば、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

しょっちゅう同じ電話番号からまた、掛けている電話番号があるとしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みは非常に高いと言えます。それがわかったら電話番号の主を見つけ出せばいいのです。
ワクワクメール
そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話の後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。